小説系管理人の戯言

【戯言】小説家ってなんでしょうね?

小説家ってなんでしょうね?

私作家志望でもなんでもなくてですね。
やれることはやってみよう!となる人間と言いますか、やってしまったわけです。
作家とは如何なものか?
その考えもまたそれぞれだと思いますし、それで良いと思います。
“駄目な見本”これが余り無い事に気付いたわけです。
この様な作品だと応募しても駄目だな。
この作品に足りない物は文章力だ!
等“駄目な見本”から学ぶ事も在るでしょうし、作家の卵さんの研究材料ですとか、ラノベっぽいものを探したい中高生の方に見てもらえたらと思いまして。
私の落選作品を当時の投稿文章のまま載せてみましたよ。
ラノベと言うジャンルは、台詞の多い読み物で10代が楽しめる娯楽作品と言う事ですが、調べてみるとラノベと言うのは一点集中と言いますか……
似た物語が多いと感じてしまいました。
参考に有名な作家様の作品を数冊、目を通したのですが読みやすい物が多かったですね。
私の文章力と言いますか、全てにおいて「レベル違うわ」 と当然思いました。
それでも得られる何かがあるんじゃね?
軽い気持ちと言いますか、変なところだけ前向きに考えてしまいまして、中々取れない時間の寝る時間を削っては書いてみたのです。

その一つが「ふぃりあ」と言う作品ですが、落選したものの選評は悪くない内容しか無かった為
(マイナス点は短編ではなく関連付けをはっきりした長編を意識して下さいとのことでした) 

このままネット上に恥を晒してしまおうか?

と決断したわけです。
ここを読んでいただける方に、一人の無謀を体験して頂きたく、そして屍を超えて頂ければ面白いかなと思います。
偉そうに上から言うわけでは在りませんが、少しずつイラストも加えて読みやすいサイトにしていくつもりなので興味惹かれた方は、お茶の合間にでも楽しんでいってくださいね。
と言うわけで、小説家ってなんだろう? レベルな私の行動記録ですが、これ以外にも時間を見つけては何かを作っていきますよ。

 

 ラノベ投稿【選考落ち】作家を目指す

作家になろう。
そう思い立ち作家になる人は、作家人口の何パーセントなのでしょうね?

私は本も小説も全く読みません。
難しい表現も言葉も知らないと思いますし、文法ってなんだろうか?
レベルだと思います。
「だから選考落ちするんだよ!」
と言いたくなる人もいるでしょうが……
私の考えを読んでくれたらと思い、文章を書いていこうと思いますよ。

【人間失格】 と言えば太宰治様ですね。

私でも知っている位の作家さんです。
この方は作家に憧れて、人生を駆け抜けたと思うのです。
リスペクトしてる作家もそうですけど、本当に自分の活動に情熱を持って生きたのだと思います。

皆様は作家になりたいですか?
色々作品応募の情報を見ていると、10代~40代位までの年齢層の方が、ラノベ作品を作って応募しているようですね。

私もとある出版社に応募したんですよ。
フィリアと言うゴシックモダンをテーマにしたお話と、麻雀青春物語と依存症をテーマにした小説を書いてみました。
【ふぃりあ】はですね?
当時送ったままの文章でこのサイトに載せているものです。
小説投稿を目指す人に駄目な見本として提供しようと思いましてね。

麻雀小説はですね。
私が麻雀得意なので作ってみようと考えたのですが、下読みさんの感想は激しく悪いもので、むしろ読んでもらって無いな……
と思う感想文でした。
どちらも選考落ちしたので意味は無いのかも知れないですけどね。
面白いと言って貰えることも在ったのでこのサイトを作りました。

さて、作家志望ではなく作家に成られた方の情報を調べてみたのですが。
まぁそれはそうと多くも無いですが、そう言った方は少なからずいるようです。
中には直木賞受賞作家さんでも、作家志望では無かったとか調べる事が出来ます。
ネット上の情報から寄せ集め調べた事なので、表面上では在りますけどね。

とある作家さんが、こんな事を残しています。

【作家は崖に架けられた丸太を渡る行為である】

その丸太は凸凹しているし百人の内九十九人は渡る事はしない。
途中で躓き落ちる事が予想出来るからだと書いていますね。

これはですね?
作家と言う職業であろうが、バンドであろうが、極論極道であろうがですね。
そういう事だと私は思います。
殆どの人は行動しないのですよ

ただここに訪れた方の何割かは、ラノベ作りであったり、小説投稿であったりを検索して訪れると思うのですね?
そして私の駄目作品を参考にそれ以上の作品を目指すですとか、この程度では選考落ちか……
を学べると言いますか、参考に出来ると思い来られると思うのですよ。
それでも、中には丸太を渡ろうとする人はいると思うのです。
それは私もそうですし、時間が在れば色々と書いてみたいなとも思います。
ではここまでで今回何が伝えたいかと言いますとこうなります。

生き様に拘って生きてみても良いのではないかな?

これですね。

私がラノベ作りに挑戦してみたのは、一番に賞金の数百万円でした。
その理由は所謂ヲタクと言う人に努力する素晴らしさ。
一生懸命生きようよ!
それを伝えたかったからでも在ります。
私は対人関係が上手く築けない人間です。
何度も何度も人に騙されては、お金や時間を無くし、時には命も亡くしました。
それはまたの機会に語らせてもらおうと思いますが、好きな事なのか依存なのか?
こう言ったことを考え、人を傷付けず騙すことなく生きてほしいです。
そんな色々と悩む人がここへ来た時に、私が背中を押してあげる。
支える場になればなと思っています。

皆さんは、ヲタクと言う人種でしょうか?
私は色々とヲタクだと思います。
ですが依存症ではありません。
誰に対しても嘘はつきませんし、趣味と思う事に費やして大切な人間関係を壊したりもしません。

趣味なのか病気なのか?

これは難しい所ですしね、気付くことは稀ですよ。

解ってきました?
生き方なのか?
病気なのか?

それとも別の何かであるか?

私は考えてほしいなと思います。

Aさん
作家?成れるわけない!
Bさん
そんなのやっていけるわけない!

何でも良いじゃないですか。
戦う人の脚を引っ張る事は止めましょうよ。
誰かを見下して自分と同じ普通の立ち位置を求めなくて良いです。
応援してあげましょう。
そしてあなたも行動出来るのなら、自身でまず歩きましょうよ。
私は誰も否定はしませんよ。
良いじゃないですか。
全力で自分の人生を歩いても走っても……

私が先に歩いてみますから、どのようなジャンルでやりたい事を見つけたって良い。

毎日毎日趣味だと言い続けては繰り返す事に本当に意味があるのか、デジタルではなく感情や感覚で考えても良いじゃないですか?

毎日アニメ見て、ゲームして、パチンコして、パチスロして、お酒飲んでタバコ吸って依存症でしかない事にも気付かないで人を傷付けて生きていかなくたって良いと思います。
趣味だと思い込んで毎日繰り返して、コミュ障だと自称して、周りに気を使わせて自分では努力しないまま生きて。

不平不満を口にしては、どうせあいつが成功するわけない。
あいつが世の中に認められるわけない。

学校でも職場でも、サークルでもネット世界でも……

どうでも良いじゃないですか。
それに思考や時間を使う必要なんて無いでしょう。

ですから折角ここへ来ていただいたのだから、読み手のあなたへ私の気持ちが少しでも届いたら良いなと思いお話しさせて頂きましたよ。

ラノベ作家は食っていけない。
作家が売れるのは一握り。

それで良いじゃないですか。
やりたい事が在るなら生き様としてやりましょうよ。
どのようなジャンルであろうと行動しない事に意味は在りません。
私も行動のみの人ですが、いつか何か結果を出せたらなと思っています。
今回はこんなお話しでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です