仕事系管理人の戯言

【戯言】成功する人は出来るだけ苦労をしないそうです

 
若いうちの苦労は買ってでもしろ。
その様な話もありますが、どのようなジャンルであれ成功に苦労はつきものかもしれませんね。
気になって調べてみたのですが、最近ではどうやら成功する人は苦労はしているけれども……
出来るだけ苦労しない行動をとる人が多いそうです。
これは無駄な行動を減らす人が多いと言う事だと思います。
確かに無駄を減らせれば効率が上がりますし、苦労を減らす事はモチベーションが保てそうです。
これを作家志望の人間で例えるならどうなるのでしょうか?
プロを目指すうえで今まで良しとされていた道のり。
ここら辺が変わってきていますね。
  • 小説サイトへ投稿し人気を集め出版社からデビュー
  • 携帯小説から出版デビュー
  • 王道の新人応募で大賞受賞!
この様な感じでしょうか?
私はですね、この様な事を現在していませんね。
文章を納品しますし、物語も作成します。
ですが小説投稿活動はしていません
簡単ですよ。
自分で作ってしまえば良いわけですからね。
今の時代電子書籍と言う便利な物もあります。
ブログSNSなども活動出来ますし、ランサーズと言うサイト等で文章を売ることも出来ます。
まだまだこの段階ではきっと……
出版社と専属契約してないのだからアマチュアだろう。
そうお考えの方もいらっしゃるでしょう。
でもね。
ラノベ作家という肩書で出版業界からデビューしてもフリーターの年収と変わりませんよ?
きっとイラストレーターや声優とかもそうでしょうね。
華やかに見えるでしょうけど、大してお金はもらってないでしょう
ですからね? 事務所だとか出版社との契約に拘らず活動しても良いと思います
それが無駄を減らし、苦労を出来るだけしないものでは無いでしょうか?
そうはいっても私はその活動の仕方が解らないから。
小説家になろうや、カクヨムで小説を投稿し続けるしかない!
そう考え行動する方もいるでしょう。
それは立派です。
ですから解らないけど挑戦したい!
そんな気持ちのある人は私に質問していただいて構いませんからね。
私にとっての買ってでもする苦労と言うのはこのような事だと思うのです。
無駄な苦労は私も極力しません。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です