仕事系管理人の戯言

あなたがお金持ちになれない理由と私が貧乏になった理由

私は思うに貧乏人になる人は成るべくして成ると思っています。
それは最大に行動力が無い。
これだけですね。
社会人になり一つのお仕事でお給料を頂く事は大変立派です。
私はお金に見合わないと思えば秒速で退職します。
これは堀江貴文さんの影響でもあるのですが、詳しくは彼の著書を一読して頂ければいいわけで私のお話しとは少し違います。

 

私はですね?
業務請負業で個人事業主でした。
職種などは公開出来ません。
ですが当時の収入で言うと毎月数百万円程手にしていたわけですね。
ある時私は仕事に飽きてしまい、その後を当時の部下に譲り世捨て人として今を生きています。
持っていたお金もほとんど人に使いました。
投資と言う意味もあったのかも知れませんが。
殆どのお金は他人にあげてしまったが正解です。
このように私はお金に執着しないタイプだったのですが。
最近私自身、生活に困ってしまいお金作りを新しく始めています。
それはこのように文章でお金を作る事もそうですし、人にお金の作り方を教える代わりに一部ではありますが利益を譲り受ける形で毎日を過ごしているわけですね。

 

さてお金持ちの基準はどの程度かは人によると思いますが。
年収1000万程度であれば、アルバイトでも掛け持ち業務で何とか手が届きます。
寝る時間を削って時給1500円程度のお仕事を16時間程こなし、20日間はこの条件で労働出来るとしたら年収は1000万程度見えてきますね。
私は実はリアルでアルバイトをしているのですが、この様に掛け持ち業務をこなしてはいません。
人に知識を与えるというだけで他人にお金を作らせます。
 その人が私に恩を感じるのであれば勝手に支払ってくれるので、契約書を交わしたりコンサル業を立ち上げたりすることはしていません 

 

主にインターネットでのビジネス。
収益化を教えている事が多いのですが詐欺の様な事はしていません。
要は相手の知りたい情報を私が代わりに調べて提供する。
これだけですからね。
現在私が作品公開しているものも似たようなものです。
この程度の作品では選考落ちするのか。
この作品からネットビジネスが学べるぞ。
この様に感じてくれたら良いなと思い作ってみた当サイトです。

お金持ち……
果たしてどの程度のステージへ駆け上がればその人になれるのでしょうか?
作家で印税生活。
東野圭吾様等はそこに匹敵しますが、他の作家の方は大抵印税で生活環境を高く持って行き過ぎて破産する人が多いそうですね。
じゃぁ音楽でメジャーデビューしたら?
ビジュアル系アーティストのxJapanが有名ですが、そのメンバーの人生はライブタイトルにもなった文字通りです。
『破滅に向かって』
そうなのですよね。
お金持ちになるならないも、貧乏であることも抜け出す事も基準が無いわけです。
今現在お金が無くとも這い上がれるチャンスは幾らでもありますし、自分の限界を決めて自分で何もしなくなった時点で貧乏からは抜け出せない。
世の中はめまぐるしい変化をし続けています。
年収300万円時代と言われる日本。
実は激しく貧富の差が出来ていて、アベノミクスの効果は凄まじいそうです。
これを体感出来なかった人こそ貧乏人の代表です。
さて日本は駄目だ、政治は終わってる等とアスファルトに唾を吐く人達はどれ程今を変える為に努力や行動を出来ているのでしょうか?
私はどちらかと言うと努力はしていません。
行動力はある方です。
お金持ちになりたい人はまず行動。
貧乏から抜け出したい人も先ず行動。
私達には考える力があるはずです。
常にトライ&エラーと言うやつですね。
先ずは自分が変わりましょう。
その為の応援は何時でも私は出来ますからね。
どうです?
お金持ちになれない理由と、私の貧乏な理由。
これだけで理解できませんか?
私はまた這い上がりますよ。
これからは少し自分にもお金を残そうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です