管理人の戯言

ハンゲーム花札参を語ってみる

 豪華絢爛の勝負の世界と言われる花札参です。
 実は私このゲームのファンなのですが。
 何処からお話して良いのかわからないほど、そのカオスなゲーム性に夢中です。
 暇さえあれば遊ぶものですから、対戦ゲーム数だけは立派に一万戦程こなしています。 一度のゲーム時間は一分ほどで終了します。
 花札ですからね。
 しかしこの花札、日本のこいこいルールでは無いのですよ。
 それがまた面白いので、ハンゲームの花札参を語ろうと思います。

花札参

 舞台は大江戸時代と言われています。
 このゲームの演出にキャラクタヴォイスがついているのですが、確かに大江戸時代風な声で演出がされています。
 なのにどうして、花札ルールが日本式では無いのでしょうか?
 ハンゲーム花札参は韓国花札ルールの様なのですね。
 このカオスっぷりはアカギもビックリですよ。
 『狂気の沙汰程おもしろい』 と言うやつですね。

どんなルールなの?

 基本ルール 以下ハンゲームよりコピペさせて頂きました。

50枚ある札から、それぞれ10枚の手札をもらい、山札から8枚を場に置いてゲームを始めます。
1戦目であれば、まず先行を決め、2戦目からは前に勝った方が先行になって先に手札を出します。
出した手札と同じ月の札が場にあった場合、2枚の札を取ることができます。
その後、自動的に山札が1枚めくられ、場に置かれます。 この時も、同じ月の札が場にあれば取ることができます。
同じ月の札がない場合、めくった札も場に置かれます。
二人が交互に手札を出して、対決を続きます。先に取った札で役を揃え、
その点数が7点以上になって上がったら、勝利です。

勝負の決定
こいこい
7点以上になってもすぐにあがらず、さらに高得点を目指すことができます。それが 『こいこい』。
3回以上こいこいを続けると、得点が倍増していきます。
1こいで、1点追加 / 2こいで、もう1点追加 / 3こいで、点数が2倍 /4こいで、点数が4倍 / 5こいで、
点数が8倍 / となっていきます。
カス倍付け
自分のカスが10枚以上、相手のカスが7枚以下で勝つと点数が倍になります。
タネ倍付け
タネを7枚以上持った状態で勝つと点数が倍になります。
光倍付け
自分が光札を3枚以上、相手は1枚も持っていない状態で勝つと点数が倍になります。
こいかぶり
相手が“こいこい”をした直後に役を完成してあがると点数が倍になります。
プッシュ
勝利した後、勝ち金を受け取らずに、次のゲームの点数を倍にすることができます。
これを『プッシュ』といいます。プッシュは連続2回まで行えます。
プッシュをするとその回の勝ち金は無効になります。
プッシュ して、次のゲームがスタートする前に退出した場合、前回の勝ち金が反映します。

コピペ説明修了。
このルールで花札をするとですね。
簡単に千点以上の獲得が出来ます。
この狂った押し引きが凄くたのしいのですよ。
理不尽とも言えますし、確実に勝てる攻略法などもありません。
二人で遊ぶゲームなので単純に勝率50%ですね。

何が面白いの?

計算通りにいかない理不尽さが一番面白いですね。
駆け引きや押し引きはありますが、基本的に運ゲーだと思います。
その理不尽にたえてこそ勝利した時の解放感は素敵です。
ゲームも一分ほどで終わりますから、時間の無い人でも数ゲームは遊べますし。
ルールをある程度知ってしまえば楽しく負けられます。
楽しく勝てる事は在りません。 楽しく負けられます。

無料で出来る

この花札参は無料であそべます。
課金することでゲームマネーを多く所持出来るのですが、意味は在りませんし負けるだけです。
無料登録して遊ぶのが無難に楽しめます。
無料で出来るゲームですから、そのチャット欄もカオスです。
常時平均200名程しかログインされていませんから、不人気ゲームの代表なのでしょう。 ですが私は大好きなゲームの一つです。
ユーザーのマナーが悪いのもありますが、ゲームの際はなるべくチャット機能をオフにして楽しんだ方が良さそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です