グルメ部

油そば最強の店は、京急線平和島駅のすぐそば!【蜻蛉】

ある日、用があって東京まで車で出かけてきました。帰路に着いた頃にはもう23時、お腹が空いてしまった・・・・・・

よし!こんなときはラーメンだ!

Google先生に最寄りで良い店がないか検索、するとすこぶる美味しそうな見た目な油そば店を発見!油そばってそんな食べたことないけど美味しいのかな・・・胃もたれしそうとかなんとか思う前に食べた過ぎて足早に店舗へ行ってきました!

【油そば蜻蛉】に行ってきた

油そば【蜻蛉】、蜻蛉と書いて”とんぼ”と読みます。お店は京急線平和島駅のすぐそばにあります。

がしかし、車で来た人で東京に馴染みのない田舎者はここから道に迷うことになります。だって蜻蛉に駐車場はないんだ、蜻蛉の住所から一番近いコインパーキングに停めたけどお店まで遠く感じましたよ・・・・・・

これだから田舎もんは困るぜ

因みにお店はめちゃくちゃわかりやすいとこにありましたw

【油そば蜻蛉】に行きたい人へわかりやすく場所を教えちゃう

平和島駅をでて、すぐに左側を見るとこんな景色が広がります。平和島駅周辺は飲み屋街なんですね。そして、白飛びしている看板がありますね。近付いていきましょう。

あ、あった。蜻蛉じゃー

駅出て左側をみて30歩くらい歩いたところにあります。

両隣は酒場です。

ヤバい、名店を見つけた【蜻蛉】

店内は、カウンター席のみで決して広いとは言えない。でもなんだこの温かい雰囲気と思うほど常連さんに愛されてる感満載な写真が貼られていました。

店員さんも威勢が良くて、なぜか初見の私は怖じ気づく←

お肉ガッツリ系が好きな私、太るのは怖くない。私は脂を食らいつきたい!ワクワクしながら頼んだのはスペシャルメニューのトッピング全部乗せ!(HPになぜか載ってなかった、ヤバ、得した)

一緒に来た相方のパンさんは、特製淡麗油そば!

ふたりとも本格的な油そばはほぼ初体験です。パンさんはスタ丼のとこのしか食べたことないし、私はカップ麺でしか・・・・・・

専門店の油そばとは如何に

ドキドキしていると油そばが到着、5分ちょっとはかかっていたかな。見た瞬間に思ったのは、「ヤバい多いじゃん!」量が多く見えたんですよ。私は残すのが店側に申し訳なかったのでパンさんの助け舟を借りる。

初見の私達は、席の目の前に貼られている初心者向けの食べ方通りに混ぜまくってみる。そして、一口

・・・・・・・・・「え、うま」

美味しすぎる!濃厚な醤油の香りに、脂っこそうな肉のはずがなぜか脂っぽくなく絶妙なほろほろ感がたまらん・・・

最高じゃないですか、てか足りない。麺足りない。

ものの5分もかからず完食。多いと思ってビビっていたのに、むしろあっけない終わり。ツンデレ感ぱない(´;ω;`)

【油そばの店蜻蛉】毎月29日は肉の日!これが最高すぎた・・・・・・【京急線平和島駅】

もう道は悩むことなく、すんなりとお店に到着。すると、前回でていなかった看板が!近付いてみてみましょう👀

わ!肉の日だ!平成最後の肉の日だ!タイミングが良すぎるでしょう!無類の肉好きである私にとっては最高過ぎるんだ・・・・・・

しかもA5ランクの牛肉ときた。「和牛カルビ油そば」に「和牛カルビ丼」、普段でていない「レアチャーシュー」が出ています。わーーー困るよ、悩んじゃいますよねこのラインナップ。

悩むけど食べたいの全部食べよう。

え、でも待って今日・・・・・・㏻やん・・・・・・

㏻で撃沈、でも看板でているのは何故?

震えながらも店内にはいる。券売機を見るもどれがどれかわかりましぇん!でもよーく見ると、レアチャーシューが売られてる。

「あれあれ?どういうことだ?」

食べたいやつを先ず買って、店員さんに聞いてみる。

「今日もやってますよ!」

「え!本当ですか!?」

テンションぶっちあげーーーーー!肉の日は29日限定と見せかけて㏻もやっているみたい!毎月なのかはわかんないけど、とりあえず今回はやってましたよ。

誕生日に【油そばの店 蜻蛉】で食い倒れてきた

前回の教訓で今回は多めに注文しました!背脂がのった油そばに和牛カルビ丼!しかも油そばは中盛り(エッヘン)

パンさんは火山油そばの大盛りにレアチャーシュー5枚をトッピング!

さーーー食べるぞで勢いよく「「いっただきます」」

私が食べてる油そばは、もともと麺が混ぜられていてその上にチャーシューが山のようにのっています。でもこれチャーシューと言うよりかはローストビーフって感じです。贅沢。

その肉の山をかき分けると、中には食べれるラー油と温泉卵が!遊び心がありますね、めっちゃテンション上がりました。

パンさんの火山油そばもチェーシューがたっくさん!レアチャーシューも食べてみたけど、私は違いがわからなかったwwwどっちも美味しいんだもんwww全部牛肉です(真顔)

A5ランクのカルビ丼は480円と言う安さ。肉は3枚だけ、喧嘩になる・・・・・・

炭火で焼いてるのかな?炭火感があってかなり香ばしい、そしてやわらかい通り越してやらかいです!溶けるようにすぐに口の中から消えちゃいます。A5ってマジだ、マジって書いて本気だ・・・・・・

このお肉に添えられてる玉ねぎも醤油ベースのたれとよく合わさって美味しいですよ。玉ねぎの甘さがまたいい感じです。

食べ続けているとなんか違和感が・・・・・・

食べ続けているとちょっと違和感を感じてきました。

前回と違ってめっちゃ多い(当たり前ー)

中盛りにカルビ丼はやばい、お腹が破裂する。しかも私が食べてるのって、背脂のってるから余計にこってりなんですよ。それでも、蜻蛉の腕なのか普通の油そばよりかは胃にもたれないんですけど・・・・・・なんか言葉矛盾してますかね、破裂しかけなのに胃にもたれない。不思議だね。

でも多い、半分食べてお腹いっぱい。そりゃそうだ、だって中盛りにカルビ丼だもん。デブの極み過ぎ。そして眩暈を起こしかけながら水をのんで紛らわす。

そしてここで奇跡が。

なぜか、麺を見たらお腹に余裕がおきた感覚が・・・・・・満腹を通り越しました。美味しいよやっぱあああ!

おかげさまで蜻蛉魔力のおかげで完食できました。器にのこってるのは背脂の海です。

贅沢過ぎる食事で夜になってもお腹が空くことはなく、記事を書いている今になってまた蜻蛉を思い出してお腹が空いてきました。蜻蛉恐るべし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です