新型コロナウィルス

子供に教えやすい新型肺炎コロナウィルスの説明をしていきます

都会はもちろん新型肺炎コロナウィルスのせいで外出自粛が呼び掛けられました。

現在2020年4月11日では7都道府県が緊急事態宣言や非常事態宣言が発表され街にはカラスしか見かけない状況です。
しかしこの非常事態宣言や緊急事態宣言ですが小学生など解るはずもありませんよね。
今回は小学生でも解るコロナウィルスのヤバさを解りやすく説明しましょう。
 
 

2020年4月11日現在7都道府県で緊急事態宣言や非常事態宣言が発表されている

 
まずは何故各地域から緊急事態宣言や非常事態宣言が発表されているのかを話しましょう。
コロナウィルスに感染したら最悪死ぬ可能性が出てきてしまいます。
病気の質はインフルエンザと同等と言われていますが厄介なことにコロナウィルスに効く薬がないわけです。
子供がかかっても死ぬことはないと言われていますが、実際には世界中で子供の死亡者が出ています。
その為学校を休校し家から外へ出ないでねと政府はお願いしているわけですけど実際には退屈で公園などへ出掛けてしまう家族や子供が多いのはここだけの話です。
 
 

なんで家からでてはいけないのか?

 
 
これは単純に感染を防ぐためにあります。
3密と言われる条件には以下があります。
 
①密閉
②密室
③密接
 
と言ったものです。
これは学校の教室や塾にお稽古教室も当てはまるわけです。
社会人で言うと飲食店やパチンコ店が当てはまりますが日本では危機感が無い人たちが多いため営業を続けて感染の危険を広げています。
 
換気のよくない場所や閉めきった空間だったり、近くに人がいる場所は良くないと言うことです。
 
まずは3密を覚えましょう。
 
 

コロナウィルスに感染したらどうなる?

 
 
コロナウィルスには無症状のものと重症化するものとあり、最悪誰でも死ぬ可能性があります。
家族におじいちゃんやおばあちゃんがいたり、近所におじいちゃんやおばあちゃんがいたときに考えてほしいのがこれです。
【自分は平気でも移した相手は死ぬかもしれない】
そうなんです。
感染した自分は平気でも誰かに病気を移してしまった場合。
その相手が死ぬかもしれないんです。
そこを考えて思いやることがコロナウィルスを広げない大事なことに繋がります。
何故ならコロナウィルスには治せる薬がないからなんです。
 
 

新型肺炎コロナウィルスには薬がない

 
 
新型肺炎コロナウィルスがここまで世界中を巻き込んだのは簡単です。 私たちに効くお薬が無いんです。 これは子供も大人も関係ありません。
治せる薬が無いのは世界中で一緒なんです。
インフルエンザだって毎年世界中で亡くなる人がいます。
薬があるのに死んでしまいます。
薬の無い新型肺炎コロナウィルスなんてもっと死んでしまうし。
【苦しんで亡くなる人が多いのが当たり前です】
今は外に出られなくて退屈でも一人一人がコロナウィルスに感染しないことで薬が出来る日を待てます。 今私たちが出来ること。
それは我慢して家にいることが大事なんです。
 

こんなときだからこそ

 
家族との時間を大事にしてみるのも良いかもしれません。
知らない誰かの健康を考えても良いかもしれません。
これから先ずっと続くわけではありませんから、身近にいるおじいちゃんやおばあちゃんの為にゲームでもして家にいても良いと思います。
誰かのために出来ることを小さいうちから考えられるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です