管理人の戯言

戦国BLネタを考えていたつもりが、両方女の子になってしまいボツ

 

戦国物作品て色々とパクリ甲斐があって良いですよね。
いえ違いますね。パクってはいないはずです。
そんな私も上品に言えばリライト作品を生み出す気が無いわけでも在りません。

なんせ戦国物と言えば一定の需要がありますし、そこに加えてBL要素を入れてしまえば立派なアレになるはずです。

戦国BL物は作りやすい

話のメインは既にできている為、進行に迷わずイベント毎にBL要素を付け加える事が出来ますし、誰もが知っている歴史を引っ張ってくれば共感を得る事が簡単そうです。
その様なパクリエロパロディ作りたいでしょうか?
私は結局作りたくなくなるのです。
「お前の小説など読まぬわ!」
わざわざ心の中で突っ込んでくれる方もいらっしゃるでしょうけど、それもまた私が何かを思う事では在りませんね。

大体の人が戦国時代こうだったと義務教育で刷り込まれていますから、戦国時代の何かを作れば読者を置いてけぼりにする事って少ないはずなのですよね。

では戦国時代を舞台にBL物を作り込む為に私は何が考えられたでしょうか?
そもそも私歴史嫌いなのでした。
知らないのですよ。
本当に何もと言うほど出てきません。
うぐいすの鳴かぬならは流石に知ってますけど、それすら本当なのかと疑って洗脳されてきましたからね。
ここで言う本当なのか?
とは、三武将の性格をあらわしたと教わりましたが。
【本当にその様な性格だったのだろうか?】
ここに疑問を持ってしまうのですよね。

ですから戦国時代BL作品を作ろうと思い構想しても、本当にそうだったのか?
と考えてしまい脱線してしまうのです。
見えないものを見ようとしてしまうのですよ。
歴史も人間も……

戦国BLもの作るの簡単と言った奴ちょっとこい

実際BL思考で戦国時代ハードコアなアレを考えるのですが、私はやはり性格ゆえに裏を考えてしまいました。
王道で主人公は織田信長で、受けは当然蘭丸だから……
日本人のアレは日本刀だし硬いから……
日本の刀は硬くて立派だから……
いや、待てよ? そもそも本当に織田信長は男だったのか?
でも織田家子孫はしっかりいるわけで、男だったであろうが有力なのは間違いない。
だがその相手は誰だったんだ?
本当にあの時代に現代だからこそ考えられる仰天出来事は無いのか!?

とこのように頭の回路を自分で焼き切り始めたら終わりです。

実は織田信長は女性だった。
そして森蘭丸もまた女性であった。
何故女性であった二人が戦国時代を男として生きたのか?
理由は解らない。
だがその事実を知っていたのは豊臣でも無く、徳川でも無ければ……
その悲劇は明智が知る所であった。

これまだスタートライン引いただけですよ。
BLですらなくなりました。
スタートラインの時点でです。
ここでいじりはじめたのは、織田信長は本当に一人しかいなかったのか?
BL要素な信長はいなかったのかではありません。
男性として生まれ育った信長が、何処で信奈ちゃんになったのか疑問を持ち始めました。
当然もう私の世界ですから、最初男性であった信長が実在していて、何処かのタイミングで女性として入れ替わったはずなのです。
今現在を生きる女子と戦国時代に生きた信長が入れ替わった。
でもつまらないなと……
BL物では無いけれど、これはこれで作れそうだなと考え始めるじゃないですか?
ですが私、森蘭丸も実は女じゃね?
と設定してしまったので、戦国女絵巻~花散る愛おしさ~
と気持ちの悪いタイトルを付けて同性愛女絵巻を作ってしまいそうです。
タイトルセンスがキモチワルイと言いたいだけで、性的マイノリティを差別する気は在りませんから。
【愛した相手が同性であった】
これは実に結構です。
素晴らしい事ですよ。
経験人数を自慢して自分わっしょいするクズでは無いならですけどね。

ここで話を少し整理し始める

最初は戦国BL絵巻を想像してプロットを考えていた私ですが、自身の脳を焼き切るスキルで主人公も受け役も両方女性にしてしまいました。
簡単に言えばまだ二行で済みましたね。

そこで考えるのが豊臣と徳川が何故?
女性であることを知らされていないのか?
それとも知られてはいけないのか?
もしくは他に何かがあったのか?
想像を掻き立ててしまうのですが、ここで私エンディングだけが先に浮かんでしまったのですよ。
本能寺と明智のことです。
明智は二人の正体を知っていたのですよ。
そして天下統一してこれからと言う所に明智が謀反するわけです。

これ謀反だったのですかね?
歴史上でも信長は明智を大変評価していたそうですし、裏切るタイミングであったのでしょうか?
これが信長達を救うための裏切りであったと想像したらどうでしょうか。
本能寺で死んだはずの二人とも遺体は見つかってないのですよね。

 信長様
 愛しておりました

「光秀!」

二人は彼の名を呼び涙します。

燃え盛る本能寺の中、三人だけの秘密があったはずなのです。
終わりがちらちらと見えてきた時私は考えました。

森蘭丸が超絶イケメンで織田信長はギャル。
明智光秀は清楚系お嬢様だった……

こう考えて今の設定に混ぜてみたらどうだろうか?
これ売れるかも知れないぞと思いました。

しかし最大の不安が在るのですよ。
このままもしこの流れで作品作りをするとしてですね?
私の脳はあと何回焼き切れて疑い覆すのかと解るのです。
つまりですね?
戦国時代ですとか、歴史ですとか私にはパクれなさそうだと言う事なのですよ。

考え込んで妄想し終わらないのでね。

ですからこのお話が小説作りや漫画作りに役立ちそうなら、是非パクって頂いて構いません。
その代わりしっかり成功して少しは私にも払ってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です