イラスト部

超初心者が疑問に思う「デジタルイラストって何?」を解決!

「これからデジタルでイラストを描いてみたい!」と考えたとき、まず一番のハードルはPC環境ですね。ここではデジ絵の超初心者さんに向けて、必要なパソコン環境をまとめました

アナログで絵を描いていた人が、デジタルにも挑戦してみたい!と思ったとき、問題になるのはパソコン環境です。

 

「家に今あるパソコンでデジタルイラストが描けるのかな?」

「お絵描きソフトは高そう……」

 

など、いろいろな疑問が頭に浮かんでなかなか踏み出せないデジ絵の超初心者さんに向けて、必要なパソコン環境をまとめました。購入するときに検討の材料にしてください。(※文中の価格は変更の場合がありますので、あくまでも目安と考えてくださいね。)

 

1.パソコン本体

現在使っているパソコンがあるなら、まずはそれを使って問題はありません。ノートパソコンでもイラストは描けます。使っていくうちに重くなったり作業が遅くなったり、固まったまま動かなくなることが多くなってきたら、メモリの増設や買い替えを検討すればよいでしょう。

 

新しくパソコンを購入する場合、パソコンに詳しくない人は店員さんに相談しながら購入すると思いますが、

「パソコンで絵を描きたいんです」

と伝えると店員さんも具体的な相談にのってきやすいと思います。

 

動作速度に影響があるメモリ容量は、いまどきのパソコンなら4GB以上、長く安定して使える環境がほしいなら、もう一段上の8GBを選べば安心でしょう。
OSは、一部には「絵を描くならMac!」という人もいますが、デジ絵の場合はWindowsでも問題ないです。使い慣れているものを選ぶとよいでしょう。

 

 

 

また、簡単な略画等なら、スマートフォンやiPadなどのモバイルタブレット+スタイラスペン(タッチペン)という選択肢もあります。ただし細密なタッチで描けるわけではないので、描いているうちに物足りなくなる可能性は高いです。

 

自分がどの程度のイラストを描きたいのか、少し考えてからPC環境を検討してみてください。

 

2.イラストソフト

デジ絵はお絵描きソフトを使って絵を描きます。ソフトは、無料のフリーソフトからプロ用のイラスト作成ソフトまで幅広く開発されています。

 

高いものは機能が充実していますが、自分が描きやすいかどうかは試してみないとわかりません。
ソフト操作は考えるよりも慣れることが一番です。たとえ有料のソフトでも無料体験版を備えているものが多いので、描き心地を試してみた上で、予算と相談して選ぶとよいでしょう。

 

<メジャーなソフトウェア>

Adobe Photoshop
世界的に有名なグラフィックソフト。歴史も長く高機能で、プロのデザイナーの多くが利用しています。使う人の間では、よく「フォトショ」などと呼ばれています。
→Adobe社のソフトの無償体験版ダウンロードページ(試用期限30日)

 

CLIP STUDIO PAINT
高機能な漫画・イラスト制作ソフト。漫画制作ではとくに支持が高く、プロの漫画家も愛用しています。このソフトは「クリップスタジオ」や「クリペ」などの名前で呼ばれています。
→CLIP STUDIO PAINTの無料体験版ダウンロードページ(30日間無料体験)
ペイントツールSAI
直感的に使いやすいイラスト制作ソフト。ほかと比べると機能面はシンプルですが、動作が軽いのが特徴です。とくに愛称はなく、そのまま「SAI(サイ)」と呼ばれています。
→SAIのソフトウェアダウンロードページ(試用期間31日)
ソフトは画材のひとつです。デジタルイラストを描くのか、デジタルマンガを描くのか、筆圧感知で表情のある線を引きたいのか、色はアニメのようにくっきり塗るほうが好きなのか、水彩のようにふんわりぼかすほうが好きなのか、背景をきちんと描き込みたいのか、キャラクターだけを描いていくのか、etc…。自分の描きたい絵に合わせて選ぶと、失敗は少ないでしょう

 

3.ペンタブ

パソコンにつなげて絵を描くツールです。
マウスで描くよりもなめらかな線が描けますので、パソコンで絵を描くならまずは揃えておきたいアイテムです。ペンタブも販売している会社は何社かありますが、やはり人気があるのはWacom(ワコム)でしょう。製品ラインナップの多さがほかを抜きん出ています。

 

 

 

Wacomの中でもサイズ、描き心地などが違うさまざまなペンタブが出ていますが、初心者ならば「Intuos Draw」が1万円以内の価格で買いやすいでしょう。ただし、サイズはS(210×169 mm)のみになります。
少し値段が上がりますが「Intuos Comic」ならタッチ機能がつくほか、サイズがSとM(275×217 mm)から選べるようになります。またこの製品には「CLIP STUDIO PAINT PRO(2年ライセンス)」が付いてくるので、お絵かきソフトを持っていない人にはちょうどよいパッケージと言えます。

 

どのペンタブを選ぶにしても、まずはお店で描き心地を試してから購入するのがよいでしょう。
なお、芯は消耗品なので、使っていくうちにつぶれてきたら買い換えが必要だと覚えておいてください。

 

4.モニター

今使っているもので特に問題がなければ、そのまま使っても大丈夫です。
これからイラスト用に買い換えるならば、モニターは大きいものにした方が疲れにくいし描きやすいでしょう。20インチ以上がおすすめです。

 

 

5.その他

必須ではありませんが、下絵をアナログで描きたい場合はスキャナが必要です。取り込んだ下絵をデータ化して、ソフトで開けばペン入れはデジタルでできます。また、アナログで描いたテクスチャや色彩を取り込んで、イラスト素材として使うこともできます。また、描いたイラストを出力するには、プリンタが必要です。
マウスやキーボードは動作に問題がなければ、新調する必要はありません。ショートカットキーを多用するようなデジ絵の上級者になったときに、購入を検討すればいいでしょう。

 

デジ絵を始めたい!と思ってから全部揃えるのであれば、スペックによって幅がありますが

 

パソコン(モニター含む)… 約5〜30万円(〜果てしない‥)
ペンタブ … 約1万円 〜20万円(〜さらに高価なものも‥)
ソフト … フリー〜約3万円(〜あれこれ買うとさらに加算‥)
スキャナ … 約1万円〜

 

と、かなり大きな金額となります。一方、パソコンを買い替えず、ソフトはフリーのものにして、小さなペンタブだけ買うことにするなら、だいたい1万円前後で始めることができます。

 

 

 

アナログの場合は絵の具や紙は消耗品ですから、なくなったら買い足さなければいけません。しかしデジタルは、1回揃えてしまえばあまり買い替えの頻度は多くないので、長い目で見ればお得です。
パソコンを最初からハイスペックにする必要はありませんから、自分の予算に合わせて必要なものを適宜揃えていけばいいでしょう。描いていくうちに、例えば「もう少し柔らかい線が描きたい」「もっと反射の少ないモニターがいい」など、自分には何が必要なのかもわかってくると思います。

 

当サイトのオススメはクリスタ!

 

今回は、私の愛するクリスタの機能をご紹介します!

よく聞くクリスタって何なの?

プロもよく使われてるみたいだけど、扱いにくいんじゃ・・・?

パソコン初心者には難しいんじゃないの?

そんな疑問を持ってるそこの君!
大丈夫、私もパソコン初心者でしたが簡単に使えました( ˘ω˘ )♡
私も、不安だったんです。
それまではアナログで描いていたものですし、パソコンも購入したての状況・・・・・・
パソコンを触った事があるのは、学校の授業くらいでしたw
Word・Excel各検定4級(初心者レベル)しか取得できなかった私でも使えたクリスタの機能を、いくつかピックアップして紹介します!

クリスタって何が出来るの?

ペンの描き味が抜群!
その描き心地に皆は惚れていた!

アナログ絵でまず大事なのって、紙質と鉛筆やペンの描き心地ではないでしょうか?
少しでも自分の相性に合わないと変な線画になったり、とても質のいい出来とは言えない仕上がりになってしまいがち。
それは何も「デジタルイラストだと関係ない」とは言えないのです。

 

 

クリスタは手描きの質感にこだわっています。
鉛筆やペンで描くとき、筆圧で強弱や陰影をつけますよね?
クリスタでは高度な筆圧感知により、それぞれの筆圧に合った書き味を実現しています!
はじめは手ぶれによる線画の乱れを感じるかも知れませんが、手振れ補正機能をきっちりと設定をしてしまえばその問題は解決!
強弱に関しましては、色を塗り重ねるのはもちろんのこと
描きはじめと終わりに自然に強弱をつけられる「入り」・「抜き」を設定すると、はじめてでも滑らかな線を描くことができます☆

 

 

レイヤーごとにタスク分けが出来る!
何度でも描き直しが可能🌟

私が一番ありがたいと感じたのが、意外にもレイヤーごとのタスク分けでした。
私は決してイラストは上手ではないと思います。
一発描きと言う物は出来ないのです。
何度も描いては消し、描いては消し、納得いく線画になるまで繰り返してしまうものです。

クリスタではレイヤーごと=パーツごとにタスク分けが出来るのです。
例えば目・肌・髪・服といったように、部分ごとに作成ができるのです。
手描きだと、この描き直しやパーツごとに分けるなんて出来ませんよね?
そこにインクを垂らしてしまうもんなら一発でTHE END・・・
何時間もかけた大作が台無しになってしまいます。
しかし、クリスタなら戻るボタンが所謂「フェニックスの尾」です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

しかし!こまめなフォルダ保存は推奨ですw
パソコン自体に何か起きても保証は出来ないので(´・ω・`)

ポージングに悩んでいた過去はおさらば!
3Dデッサン人形が君を味方にしてくれる!

A さん
描けない!萌えポーズがあああ!
B さん
この角度を描きたいんだよ!このエロ首筋をををを
C さん
もう無理ぽ

もう一人で悩まなくて良いんだよ、3Dデッサン人形があるじゃないか!

この3Dデッサン人形もCLIP STUDIO ASSETSにあり、様々な種類の体形やポーズが用意されています。
萌えポーズはもちろん、戦闘系・敗北系・懺悔系・太っちょ系・・・・・・上げたらキリがありません!
設定されたポーズから、腕の位置を下げたいなどの調整もできるので安心して下さいね

A.B.C さん
でも不自然なポーズになっちゃいそう…

大丈夫です!
関節の硬さや可動範囲は、人体の構造を意識した設計になっているので、骨が折れるような不自然なポージングにはならないのです(/・ω・)/

 

色塗りが苦手?大丈夫!
クリスタには綺麗に塗る魔法を秘めている!

絵を描く人にとって、初歩的な悩みの一つは”色塗り”
はみ出しちゃうし色ムラが出来たりと初心者にとって色塗りは苦労ばかり!
せっかく線画を綺麗に出来たとしても、塗りの段階で台無しにしてしまったら勿体ない!

 

 

クリスタならそんな悩み即解決です!
選択ツールを駆使すれば、色ムラなく塗ることが出来、はみ出しもなりません✨

 

何も塗りだけじゃありません。トーン貼りも出来るのです!
これで絵のクオリティーも漫画の効率化も可能です!

 

あらゆる素材がなんと1万点以上!
お好きな物を選んで自分の個性に花が咲く❁

A さん
コピック欲しいな・・・
B さん
あ、あの水彩絵の具たまらん
C さん
トーン何個買うんだい、果てしない

 

その悩み、クリスタには皆無です

 

クリスタには素材を提供しているCLIP STUDIO ASSETSがあります。
(株)セルシスの提供はもちろんのこと、クリスタ愛用者様のクリエイターの方々が作った素材も提供されています!

2万個以上もある素材から自分の個性に合った物を見つけ製作すると、より素晴らしい作品に仕上がりますよ!
手描きではできなかったことが出来てしまうのです♪
この素材達はCLIP STUDIO ASSETSの利用規約の元、全て商用化なので私は安心して使用させて頂いてます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です