管理人の戯言

社会人なのに生理の血が服に漏れた!もう二度としないための対策

今回のお話は、私がリアルに体験したちょっとした事件についてです。

それは………職場で生理のお漏らしをしたことです。

社会人としてとても恥ずかしい経験をしました。お漏らし=だらしない人とも思っていたからです。このような経験ってわたしぐらいなのてしょうか?

実は似たような経験をした女性って多かったんです。

仕事中に生理の経血が漏れた

仕事をしているとどうしてもトイレのタイミングを逃してしまい、生理のときは思っていたより出血があることもありますよね?

私が今回汚してしまった原因もこれが影響していたかもしれません……

私の職業は老人ホームの介護士です。夜勤をしているので、朝は特に忙しく入居者の対応をしている内に、トイレに行くタイミングを逃していました。

でも私は油断をしていました。「特に多い昼用」のナプキンを使用していたのと、他の人に比べて出血量が少ないからです。出血量が少ないのに容量が多めのナプキンをしていたのは、万が一の漏れを防ぐためでした。

しかし!この日は何かが違いました。出血量が多かったんです。退勤の2〜3時間前にナプキンを交換していましたが、事務作業をしていたときにドクドクっと嫌な感触があり、ズボンにまで血が染みていました。

突然の生理のお漏らし!どう対処したか

目の前には男性の上司がデスクに座り、女性スタッフはいたものの言うに言い出せない状況でした。

やっぱり男性には特にバレたくないですから……

私がどう切り抜けたかと言うと、上司が他のスタッフに呼ばれていなくなった瞬間に、女性スタッフに応援を呼びました。

もうとにかく恥ずかしいの極み!

女性の皆さんは学生時代はともかく、社会人になってからの漏れってそんなにない……ですよね?

同士を見つけたくて、Twitterで検索をしてみました。

意外と居た!社会人で生理の漏れトラブル

経血量の多い1〜2日目は生理用オムツで対策をオススメします

もうこのような経験をしたくないので、経血量が多い女性の対策方法を参考にしてみました。

そのなかで確実に漏れを防げる方法がありました。それは生理用オムツを着用することです。

オムツは排泄用だけじゃなくて、生理用もあります。赤ちゃんがトイレトレーニングをしているときに、履くタイプのオムツを着用していますよね?生理用も履くタイプのオムツとなっていて、直で血を吸収できるようになっています。

でも直だと不安が残るので、羽なしのナプキンをつけるといいかもしれません。

これなら長時間の仕事でも安心です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です