グルメ部

【大船】麺屋こころの台湾まぜそばがコスパ良すぎな件

皆さん台湾まぜそばという料理を知っていますか?

台湾がつくからと言って台湾料理とは違います。どこが台湾風なのかと言うと、挽肉です。ニンニクと唐辛子と一緒に炒めた挽肉を醤油味に仕上げた【台湾ミンチ】を、汁なし麺と一緒に食べるのが台湾まぜそばです。

この台湾まぜそば、一口食べたら誰しもが病みつきになる1品です(きらきら)

今回は、前々から通っている麺屋こころをご紹介しようかと思います。

麺屋こころとは

実は台湾まぜそばは、名古屋が発祥の地なんです。

台湾まぜそばに魅了された創業者が、東京には台湾まぜそばの存在を知る人がまだ少なかったときに、「この味を広めたい」と思い立ち名古屋で修行。そして、お店を始めたんだとか。

麺屋こころは関東を中心に展開

麺屋こころは関東を中心に店舗があります。しかも東京に味を広めたいと思い立ち上げたはずが、海外進出も済んでいます!

しかも1箇所だけではなく、カナダやシンガポール、インドネシアと幅が広いです【ゴクリ】゚ω゚;)凄い・・

因みに私が行ったことがあるのは大船店です。大船店はルミネがある方のバスターミナルに行くと、TSUTAYAが見えてきます。その向かいにdocomoショップがあるのですが、その隣の隣にあるのが麺屋こころです。駅から徒歩1~2分の距離で通いやすいです。

大船駅は、東海道線・横須賀線・根岸線が経由しています。横浜市民と鎌倉市民が通いやすいとこかも。

麺屋こころの最大の売りはやはり台湾まぜそば

台湾まぜそばのこの盛り付けがまたたまらんです!食欲を掻き立てる美しさです。

台湾まぜそばには台湾ミンチ、ネギ、卵黄、魚粉、海苔、ニンニク、ニラが使用されています。ニンニクはお好みで抜くことも可能ですが、是非とも抜かないで欲しいです!

台湾まぜそばは、その名の通り混ぜるんです。ちょっとではなく、味が均等になるようによーくかき混ぜます。そして麺と一緒に具材を食べるんですが、このニンニクがいい癖を出しています。

一口たべるとピリ辛の特製醤油ダレに、魚粉の香りが鼻から抜けます。そしてニラや海苔がいいアクセントとなって後味を補っています。卵黄はピリ辛さにマイルドさを与えていて、卵好きの胃を刺激します。

そして、総じて味のベースとなっているのがニンニク!

計算されつくしたまぜそばなので、一口でも完成度の高いものになるんです!

だからニンニクを抜くのも、私はオススメしません。でも店主は苦手なものがあるなら言ってねと優しく言ってくれます。

チャーシューじゃなくて角煮が最高!

こころはチャーシューを使っていません。角煮です!この角煮がまた最高の1品なんですよ。

味は醤油味、トロジュワな豚肉が美味しい!私は塩まぜそばにこの角煮をトッピングするのが本当に好きです。

パンさんは炭火で焼いてないでしょって言ってたけど、ネコは焼いてると思う。どうなんだろ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です