スポンサーリンク
ふぃりあ

ふぃりあ第弐話【ヂンカクノ果テ】弐

女ノ家ヘ 「女の家へ行こうかと思うぞ 」 『イッショニマイリマス 』 覗き趣味があるわけではないのだが、又八郎よ? 何故死ぬ事を選んだのだ? その家はな、門構え立派で、不自由など無い暮らしが見て取れる家だな。 私はこの身分でな、...
ふぃりあ

ふぃりあ第弐話【ヂンカクノ果テ】

又八郎 腐れ縁と言えば良い物か? その男は家を捨てて生きる事を選んだ。 どちらかと言えば不幸な男で、女に関しては恵まれぬものだった。 それが三十を越えて十も離れた女と結婚すると言うから、腐れ縁もここで切れる事になると思ったのさ。 ...
ふぃりあ

ふぃりあ第壱話【猫叉しゃん・・・・・・】参

戦イ  ふむ? 一尺先すら見えぬ闇夜、山道を童の母様探すとなりては折れるものがあろうな。  麓へ行くまでのこの道は獣アヤカシ潜む予感。  解らんでも無い、女を求め飢えたオスがここを上るのだろう?  寸前で止められた欲望の膜ほど張り詰め...
ふぃりあ

ふぃりあ第壱話【猫叉しゃん・・・・・・】弐

売春宿ニ参ジル  駅について参じたのは売春宿の頭目なり。  「あぁ、こういう場所に縁無いものだから緊張してしまうね 」  『ナリマセン 』  頬を膨らませるのは帝國でも露西亜でも変わらぬものか。  出来るならアーニャにこんな世界な...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました